流行に弱い女性と本質を理解する女性の取る行動

流行に弱い女性と本質を理解する女性の取る行動

出会い系サイトの女性は今どこにいるのか?

 

皆さん出会い系アプリに引っ越しされたようです。

 

その影響がツーショットダイヤル界隈にもあり、ブーム絶頂の時は結構な閑散ムードがツーショットダイヤルに漂っていました。

 

しかし、2018年も終わりごろになってきたところでツーショットダイヤルの繋がりが良くなりだしたのです。

 

一度はツーショットダイヤルから離れて出会い系サイトやアプリを利用し、結局ツーショットダイヤルに戻ってくるという流れが最近のツーショットダイヤル事情ですね。

 

なぜ、一度去っているのに戻ってくるのでしょうか?

 

女性は流行りにめちゃくちゃ弱いです。出会い系アプリが流行っていると聞けばスグに飛びつきます。流行への嗅覚が優れ過ぎているため、

 

ちょっと遅れて男性が来る頃には飽きてしまっている。という傾向があります。

 

男性との流行の察知する時間軸が合わず、結局出会えないじゃん!となって

 

過去出会えていたツーショットダイヤルの良さに改めて気づいて戻ってくるということです。

 

出会いは運とタイミングさえあえば誰か見つかると思っていますが、そのタイミングが流行ものですと合いづらくなるというのが欠点ですね。

 

出会い系アプリと言っても結局中身は出会い系サイトと同じです。

 

ですので、遅かれ早かれ出会い系サイトのように女性はまた別の出会えるコンテンツを探すようになります。

 

こうやって右往左往をすることで、どっしりと構えてずっと残っているコンテンツであるツーショットダイヤルを使い続けるということに気づきます。

 

これがツーショットダイヤルに戻ってくる女性の心理です。

 

男性の心構え

 

ツーショットダイヤルは「出会い系サイト」「ライブチャット」「出会い系アプリ」など、今まで何度も新しいコンテンツが出るたびに女性が増えたり減ったりを繰り返してきました。

 

きっとこれからも新しいコンテンツが出ることで女性が減る時期もあるはずです。

 

ツーショットダイヤルを利用する男性は狼狽えることなく、チャンスをじっと待つこと。

 

ブームは一時的ですので、長く続いても半年以内です。

 

本当に出会いたいと思っている本質を知る女性は必ず戻ってきますので、他のコンテンツを利用するからといってツーショットダイヤルを辞めることなく、女性が戻るまで待つ。これがツーショット出会いの王道スタイルだと思っています。

 

もうツーショットダイヤルや終わりや!といって投げたころに女性が戻ってくる。

 

アンタが投げたソコがソコ

 

そんな状態になってしまいます為、待つのも出会い。

 

この格言を頭に入れながらチャンスを虎視眈々と狙い、来たるべき時に向けて体調、性欲、時間を準備しておくことが大切です。

page top